深夜に出張マッサージを頼むならミラク

深夜に

深夜に出張マッサージを頼んでみよう

深夜の0時を超えると眠らなきゃ、

と思いながらもなかなか寝付けなかったり、

考え事が始まってしまったり。

カラダがだるくて寝床に入るのが

億劫だったりするとこはありませんか?

でも家から出るのが面倒、散歩といっても外に出たくない。

そんなときにこそ、出張マッサージを頼んでみてはいかがでしょうか?

出張マッサージなんていうのがあったんだ

と思われる方もまだまだ多いはずです。

この機会に 深夜の出張マッサージの魅力をお伝えします!

①終電後でも問題ナシ!深夜の出張マッサージ

都内に住んでいると気にしなければならないのは

終電の時間ですよね。

お仕事帰りや遊んだ帰り、家までの電車は何時が最終かな、

といつも気になります。

楽しい時間を過ごしながらも「えーと、終電は…」

と頭の片隅に置いて置かなければいけないのが「終電時間」です。

「今日は思いっきり頑張ったから夜に自分にご褒美を!」とか

「明日まで疲れを持ち越さないようにマッサージを受けたい」

「家に帰ったらベッドにダイブしたい。その前にマッサージ受けたいんだけどなぁ」

そんなことを真夜中前に思うこともないでしょうか?

でも、ここで気になるのが電車やバスの時間ですよね。

でも、大丈夫!

出張マッサージなら時間を気にせず真夜中までご予約ができます。

当店の営業時間は20時〜朝3時ごろ

(ご予約によっては遅い時間でも承っております)

全部のお仕事が片付いた後、、遊び終わって家に着いて

ホッと一息ついた後。

金融系のお仕事だと海外のマーケットが

真夜中まで開いていて仕事が終わるのが深夜越えてから、

という方もいらっしゃいますよね。

仕事の終わる時間や帰宅時間に関係なく利用できるのが

出張マッサージの最大の魅力です。

また、子供さんが眠りについたあと、

奥様を休ませてあげたいと出張マッサージを

呼んでくださる旦那様も増えています。

さらにそんな小さい子どもさんをお持ちのご夫婦順番での

ご利用も多くなっていますよ♪

②そのまま心地良い眠りにつける◎ 出張マッサージ

出張マッサージの大きな魅力のもうひとつが、

“ご自身のベッドでそのままお休み頂ける”ということです。

マッサージを受け終わった後に、思いませんか?

“このまま眠れたらどんなに幸せか…”

身体も気持ちもリラックスして心地良くなっていた後に、

外の暑い日差しの中、あるいは寒さの中

家に帰るのは少し残念ですよね。

出張マッサージなら、そのまま夢の中へダイブできます笑。

マッサージで自律神経が交感神経から副交換神経へ、

気を張った状態から緩めた状態へ移行した状態そのままで、

お休みできるというのは、心地良さ抜群です。

いつもよりも深い眠りにつけたり、起きた後の体の軽さを

実感して頂けるのではないでしょうか。

③カラダのメンテナンスとしてご利用も◎

曜日によっての混み合いは、特段あまり差がありませんが、

もしかすると、日曜日は

「これからの1週間のために疲れを取っておきたい」

とか、月曜日は

「いざ1週間が始まったけれど、疲れが取れなかったから頼みたい」

など、感じてくださって出張マッサージをご利用してくださる

お客様が多いのかもしれません。

マッサージの効果は、もちろん筋肉をほぐす、リンパを流す、

自律神経を整えるなど沢山ありますが、

もう一つに

「自分自身で自分のカラダの変化に気づくことができる」

ことです。

この、「自分で気づく」ということが重要です。

マッサージを受けながら、

自分のふくらはぎがこんなに硬いなんて!とか

こんなに股関節が硬かったかなぁ、とか

肩が内側に入ってるって言われてけど、

最近の忙しいパソコン仕事のせいかな、とか

マッサージしてもらうと、普段気づけなかった自分のカラダの変化や

状態を自分自身が実感できるようになるんですよね。

いかがでしょうか。

出張マッサージを頼むのが初めて、という方も

当店では多く利用してくださっています♪

ぜひ、出張マッサージ後のお身体の変化、

深い睡眠、リラックス感、カラダの気づきなど

楽しみに受けてみてくださいね!

ご利用お待ちしております♪

コース・料金などはこちらをチェック♪ ↓

お問い合わせはこちら♪

☎︎03-6886-6001

予約時間 19:00-02:00 営業時間 20:00-03:00

LINEからの予約で随時ヘッドマッサージが5分追加に♪

リピーターのお客様の約9割がLINEからのご予約です!

お得情報も週1回ほどの配信されますのでぜひチェックしてみてくださいね。

お問い合わせもLINEから♪

友だち追加

シェアする

フォローする