大掃除にも実践できる身体の使い方とは




平成最後の年末、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

もう長期休暇に入られている方も、

これから仕事納めという方も

様々いらっしゃるかと思います。

恒例の大掃除はお済みですか?

 

まだ大掃除に手がつけられていない

という方も多いのではないでしょうか笑。

 

まだ間に合います!

 

けれど大掃除中のぎっくり腰、転倒など

身体を壊してしまっては元も子もありません。

 

大掃除で大事なのは

「身体の使い方を工夫すること」です。

大掃除のためにトレーニングする!

なんてことはできませんから

トレーニングせずに今ある身体のまま

身体が本来持っている力や動きを

効率よく「引き出す」ことを心がけてみましょう!

 

効率的な動きとは?

効率的な動きとは、全身を動かすこと、

つまり全身が繋がって動いている状態のことです。

 

でも普段、意識せずに動かしてしまうのと

体を”部分的”に使ってしまいがちで

全身をうまく動かせていない場合が多いのです。

 

その結果、大きな関節に負担が集中して、

腱鞘炎、ひじ痛、ひざ痛、腰痛などを

引き起こすことになってしまうのです。

しかし、いきなり全身をくまなく動かす!

と言っても難しいものです。

 

そこで全身を

下半身、上半身、体幹

に分けてそれぞれの役割をチェックし、

どのように活用されていくかまず見てみましょう。

 

下半身

下半身は動きの土台となる部分です。

土台は安静を保ちながら、動くことができないといけないのです。

「安定」と「動作」、

このふたつを両立させることが

下半身の重要な役割なのです。

 

上半身

上半身は相手を物とのと接触点です。

接触がきちんとできているかどうかで、

動きの伝わり方が変わ理、動きの合理化がはかれます。

相手土台は安静を保ちながら、動くことができないといけないのです。

「安定」と「動作」、

このふたつを両立させることが

下半身の重要な役割なのです。

 

下半身

下半身は動きの土台となる部分。

土台は安静を保ちながら、動くことができないといけないのです。

「安定」と「動作」、

このふたつを両立させることが

下半身の重要な役割です。

 

体幹

体幹は下半身と上半身を「つなぐ」要の部分。

体幹は言い換えれば

「姿勢のポジショニング」だそうです。

下半身と上半身をつないで

全身の連動性を高める役割を担っています。

 

体幹(姿勢)の状態が崩れることは、

上半身と下半身の動きが分断され、

全身の連動性が途絶えることにつながり、

その結果、腰一点に負担が集中し、

腰痛を起こしやすくなるのです。

 

大きな家具の移動

×気合いと腕力で移動を試みる

○身体の使い方と知恵で家具を動かす

 

大きな家具を

気合を入れて腕力だけで動かしてしまうと、

腰を痛めるなど残念なことになりかねません!

 

そこで体の使い方を工夫して無理なく動かしましょう!

ポイントは

自分の体重を有効利用して大きな力を出す!

ことです。

そして大きな家具の場合、できるだけ引き出しなどを抜いて

軽くして、片側に倒しながら

底の隙間に汚してもいい毛布などを敷きます。

そして毛布の端を持ってしゃがみ、

後方に体重をかけてゆっくりと尻もちをつきながら

徐々に引っ張っていきます。

 

この時にいきなり勢いよく倒れこもうとすると

家具が倒れる可能性もあり要注意です。

 

掃除機がけ

×腕力だけで掃除機を操作する

○掃除機と一体化して行う

 

本体は、中指と薬指を意識してもち、

2本の指の付け根部分に

本体が引っかかるようにすると

肩甲骨が広がり、背中と腕とが連動して楽に持てます。

 

本体ごと持って掃除がけをすると

本体と一体化することができ、

掃除機が動きが自分について来ずストレス、

なんてこともありません。

 

柄の握り方は、親指、人差し指を楽にして柄から外し、

柄を握るのは中指、薬指、小指にすると

動き回る柄に柔軟に対応できるのです!

 

ダンボールの持ち上げ

×腕力と腰でダンボールを持つ

○重心を捉えて楽に持つ

 

寒い季節にわたしの友人の鍼灸師から聞く話だと

”ギックリ腰”を発症する人が多い季節が冬なんだそうです。

筋肉が寒さで収縮しがちで、なおかつ、

普段かからない負荷が腰にかかると、

ぎっくり腰になりやすいようです。

 

重いダンボールの移動は無理しがちですよね。

ポイントは、

持ち上げる時に体全体をかがめて、

股関節を意識しながら、ダンボールを抱えて、

体全体を持ち上げるのです。

 

この時にやってはいけないのが、

ダンボールだけ腕でつかんで腰から上げようとすること。

この動作がギックリ腰を引き起こします。

 

思い場合には一度正座をして、

一度ひざの上に荷物を置き、

そこから片足ずつゆっくりと立ち上がると良いです。

 

このような動作をすることによって

腰のみの負担を軽減させることができるのです。

 

いかがでしょうか。

お身体のメンテナンス、見直しなどでの

出張マッサージのご利用もお待ちしております。

 

当店は、渋谷区・港区・目黒区・品川区・新宿区

ですと最短20分でご案内が可能です。

お問い合わせお待ちしております。

(引用/体の使い方を変えればこんなに疲れない! 岡田慎一郎著)

 

コース・料金などはこちらをチェック♪ ↓

お問い合わせはこちら♪
☎︎03-6886-6001
予約時間 19:00-02:00 営業時間 20:00-03:00

LINEからの予約
随時ヘッドマッサージが5分追加に♪
お得なキャンペーンも不定期にて配信されますので
ぜひチェックしてみてくださいね☆

お問い合わせもLINEから♪

友だち追加

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする