加齢臭の原因とは

加齢臭の原因とは…実は!

コレステロールが加齢臭を促進するんです!


世間は真夏で汗をたくさんかく時期ですが、

歳を重ねてに中年層になっていくと

「ん?自分そろそろ加齢臭大丈夫かな?」と

加齢臭が気になる年齢になってきますよね。



自分では気づきにくい加齢臭。

ぜひ対策を取りたいものですが、その原因を知る必要もあります。

ズバリ、男性ホルモン(アンドロゲン)とコレステロールが関係しています。

加齢臭の作られ方は


ストレスが溜まると皮脂の分泌が過剰になるのですが、

老化した肌は皮脂をうまく排出することができないそうです。



そのため、処理しきれない分が酸化して、脂肪酸をつくり、

この脂肪酸に含まれるノネナールという特有のにおい物質が

加齢臭の元になるそうです。



また中年層の男性の悩みの1つであるフケも、

ストレスによってが男性ホルモン分泌されることで

増えていってしまうそうです。


皮脂腺が刺激される点は加齢臭の毛の生え際であることから、

皮膚の角質を増加させ、それがフケになってしまうのです。

どちらも皮脂そのものが悪いわけではないことがわかりますね!

脂は体を保護するために欠かせない成分なので、

分泌されなくなったら大きな問題です。




代謝が落ちてきて、若い頃から続けてきた不摂生な生活を続けていると

体が過剰に摂取した脂を処理できずに

「嫌な臭い=加齢臭」や「皮膚のカス=フケ」

が発生してしまうのです。

では加齢臭やフケと不摂生はどのような関係があるのでしょうか。

ホルモンの原料はコレステロールです。

ホルモンの原料はコレステロールなんだそうです。

つまり肉類や乳製品の取りすぎ・太り過ぎ・飲酒等の不摂生によって

血中のコレステロールが増えると男性ホルモンの分泌も増加するので、

イコール加齢臭やフケにつながると考えてよいみたいです。


不摂生を止めて代謝を高めていかないと

なかなか改善はできないようです。

疲れているので飲酒や喫煙で紛らわし、夜更かしを続けることが

体調崩し寿命縮めかねないことにつながってしまうのです。

加齢臭やフケはそうした肉体酷使のバロメーターと

思ってカラダ思いの生活を心がけたいですね!

娘さんがお父さんの匂いが気になるというのは


加齢臭に関連してもう一つ興味深い話があります!

年ごろの娘さんが父親の匂いを嫌うとよく言われていますが

いくら加齢臭があったとしても奥さんはそこまで嫌がりませんよね。


この加齢臭嫌いは思春期の女性に見られる特有の反応なんだそうです。

注目したいのは父親と娘の血のつながりです。

一般的に人は遺伝子の遠い人に惹かれ合うと言われています。

父親と母親はもともと赤の他人なのでかなりかけ離れていることになります。

これに対して娘は父親から遺伝子を半分もらっていますから

伝子情報はかなり近いことになります。

この加齢臭嫌い遺伝子が近いもの同士が生殖を行うと

種の多様性が保たれなくなり弱くなるといわれますね。

子供の頃なついていたのに思春期になったら

毛嫌いされるようになった臭いと言われるようになった。

これはにおいによって遺伝子の近い異性を近づかないようにしているのです。


なので父親に対して親父臭いというのは

種の多様性と言う観点では決して不思議と言えないことになるのです!



どちらにしても、娘さんが思春期になればただでさえ臭いに敏感になるわけなので

世の中のお父さんたちはしっかり加齢臭対策に努める必要がありますね♪


嫌なにおいがなくなれば、自分自身が快適に過ごせることにもなるので、

匂いを出す不摂生を少しでも変えていくように努めてくださいね!


世の中のお父さんたちは、

しっかり加齢臭対策に努める必要がありますね♪



ぜひ、お身体のケアも含めて

出張マッサージのご利用もお待ちしておりますよ。



当店は、

渋谷区・港区・目黒区・品川区・新宿区

ですと最短20分でご案内が可能です。



お問い合わせお待ちしております〜



コース・料金などはこちらをチェック♪ ↓



お問い合わせはこちら♪
☎︎03-6886-6001
予約時間 19:00-02:00 営業時間 20:00-03:00

LINEからの予約
随時ヘッドマッサージが5分追加に♪
お得なキャンペーンも不定期にて配信されますので
ぜひチェックしてみてくださいね☆

お問い合わせもLINEから♪

友だち追加



記事参考文献:「50歳を超えても30代に見える生き方/医学博士 南雲吉則」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする