出張マッサージでカラダの見直しを栄養面でも

出張マッサージでからだ見直しをはじめたら栄養面でも

野菜は健康にいいから、と肉や魚などのたんぱく質を撮らずに
野菜しか食べない人がいます。なかにはダイエットのためにサラダや
温野菜のみの食事を続けているという人もまたいらっしゃるようです。

しかし、「〜だけ」という方法で健康的にダイエットが成功することは
まずないと考えたほうが良さそうです。むしろ、太りやすい体質を作ってしまう危険性があります。

食事の3大栄養素は、たんぱく質、脂質、糖質で、
これらをバランスよく摂取することですが、
健康で若々しさを維持するための大前提です。

野菜だけ食べていて、それらを十分に摂取できるかというと、
摂れないませんよね(笑)野菜だけというのが、身体によくない偏った食事
であることがすぐわかるかと思います。

3大栄養素のなかでも、たんぱく質は筋肉をはじめ、爪や髪、内臓まで
からだのほとんどを作っている原料です。健康なからだをつ来るためには
このたんぱく質をしっかりと摂ることが大切です。野菜だけの食事は
たんぱく質がほとんど含まれておりませんよね。

そして、「痩せたい」という人にもたんぱく質は必須の栄養素です。

たんぱく質が不足すると、筋肉量が減少します。
筋肉量が減るということは
基礎代謝量が落ちて脂肪が燃えにくくなる、
つまり太りやすく痩せやすい体質
になってしまうということです。野菜だけ食べていても
健康的に痩せないのは、
こうした理由からです。

「ご飯を食べていないのに太る」人の共通点

「肉や魚、乳製品といったたんぱく質は太るから避ける」
のと同じ理由で、ごはんやパンなどの炭水化物
(糖類+食物繊維)を摂らないのも問題です。

特に白米は高たんぱくで、脳のエネルギー
となる糖質の宝庫です。極端なダイエットをすると、
集中力が維持できなくなるなど低血糖を起こしたり、
筋肉量を減らすことにもなります。

糖質を十分の撮れていない人は、見てすぐにわかります。

顔に活力がないのです。

脳に栄養素が回っていないので、ぼーっとしている。
体重は落ちるかもしれませんが引き締まっていく
のではなくげっそりしていく。そういう人が美しく見えるか、
若々しく見えるかといったら、残念ながら見えませんよね。

人は食事から糖質を摂り、それがエネルギーになって
脳やからだを動かしていきますが、食事から摂ったのは
数時間で消費してしまいます。しかし、これも少なく
なってくると今度はからだの体脂肪を分解して糖をつくります。

それと同時に、たんぱく質も糖に変えて
エネルギーを生み出します。そうやって、
からだは絶えずエネルギー(糖)を作っているのです。
しかしたんぱく質の摂取をカットしてしまうと、
もう一つのたんぱく質の宝庫でもある筋肉を
分解して糖を生み出します。これが糖新生(とうしんせい)という反応で
筋肉量を減らしてしまうメカニズムとなるんだそうです。

現在は、食生活のオーバーカロリーでない、
つまり、「食べていないのに太っている」
というタイプが増えているようです。

これは自ら筋肉を減らす生活をして
太りやすい体質を作っている、ということになります。
そんな食生活をしている人が筋トレをしても
ますます筋肉量は減っていきます。
この解決策は、カロリーが上がってもいいから
バランスの良い食事を摂ること、
たんぱく質も炭水化物もしっかり摂ることです。

糖質と脂質のみの食事も太りやすい

糖質と脂質を同時に摂取する食習慣があると、
カロリーとしては少なくても体脂肪になりやすくなります。

例えるならば、朝食はトースト1枚(パン1個)とコーヒーという人。
「パン1枚だから太らないでしょう」と思いますよね。
ところが、パン(糖質)にバター(脂質)を塗って
食べていたら、糖質+脂質という
太りやすい食べ合わせになってしまいます。

ある人は、朝食はパン1枚と卵と果物を食べているとします。
カロリー的にはこちらの方が高いですが、
栄養のバランスが取れています。
前者のほうはカロリーが低いけれど、糖質と脂質を
一緒に摂っているので体脂肪として蓄えられやすく、
たんぱく質も摂れていないので、偏っています。

どちらが太りやすいかというと、
パンしか食べていない人のほうなのです。
つまり、食べる量ではなく、食べ方、を気にするほうが良いのです。

炭水化物を抜いても体脂肪は落ちない

炭水化物についての誤解されていることがあります。
炭水化物を摂りすぎると体脂肪が増える、
即、脂肪になるという誤解です。

炭水化物を完全にカットすると確実に体重が落ちる
ので、その反対に食べると体脂肪が増えるという
イメージがあるのだと思います。

炭水化物を絶食すると体重が落ちるのは、
体内の水分量が増えないからなのです。

炭水化物(糖質)1分子に対して、水分子が3つ結合します。
これは糖質1gに対して、水が3g吸着するということです。
つまり、炭水化物を摂らないと、
体内の水分量が減るため体重が落ちるのです。

つまり、炭水化物の摂りすぎが即、体脂肪増加
につながるわけではないのです。
炭水化物抜きの効果よりも、炭水化物を適量摂取する
効果のほうが多いことはお分りいただけたと思います。

炭水化物(糖質)をはじめとする栄養をバランス良く摂って、
脳とからだにエネルギー補給し、1日を活動的に過ごす。
特に運動をしなくても、1日の中で階段を使う、
たくさん歩く、座りっぱなしでいない。
こうした生活スタイルが身についてしまえば、
それだけでエネルギー消費量が上がり、
「太りにくいからだ」になります。



完全な食生活の見直しは難しいかもですが、
頭の片隅に置いていただきまして、
昨日より快適なおからだで1日を過ごしてみてくださいね(^^)



コース・料金などはこちらをチェック♪ ↓



お問い合わせはこちら♪
☎︎03-6886-6001
予約時間 19:00-02:00 営業時間 20:00-03:00

LINEからの予約
随時ヘッドマッサージが5分追加に♪
お得情報も週1回ほどの配信されますので
ぜひチェックしてみてくださいね☆

お問い合わせもLINEから♪

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする